TOEIC730点突破勉強法

35歳からの独学で、半年間でTOEIC300→TOEIC950にスコアアップした管理人の勉強方法を発信します。 小手先のテクニックではなく、王道の勉強方法を紹介するため、TOEICの後の英語学習にも大いに役立つよう構成していきます。また、外資系企業に転職した体験談、仕事内容についても適宜触れていきたいと思います。

TOEIC学習ができるYouTubeチャンネル

f:id:syoshinsya_toeic730_oudou:20190102111217p:plain

通信規格の5G接続が2020年から導入されることにより、インターネット接続が劇的に高速化されます。それにより今後はより一層動画チャンネルへとシフトしていく流れとなっていくでしょう。

文字の媒体よりも動画の媒体のほうが記憶に残りやすいこと、そして何より手軽に見れることが大きなメリットですね。

受験勉強や資格試験はYouTubeで学習ということも当たり前の世の中になっていくかもしれませんね。

さて、TOEIC試験ではどうかというと、TOEICに特化したチャンネルというのは意外にも少なく、私の知る限りでは数えられるほどのチャンネルしかないのが現状です。

今回は、私が実際に視聴したおすすめTOEIC対策チャンネルを紹介したいと思います。

目次

TOEIC コーチ Harukaチャンネル

www.youtube.com

こちらは元EnglishHacker副編集長であるHarukaさんのチャンネルです。

学習用の素材はTex加藤先生の「でる1000」を元にしています。

でる1000はTOEIC500点以上の中級者向けの教材であるため、全くの初見の人がやり始めると挫折してしまう可能性が高い問題集でもあります。

しかし、それをうまくフォローしてくれて、基礎から易しく文法の解説をしてくれるのがこのチャンネルです。

1本の動画は20分前後でまとめられており、取り組みやすい長さになっているのもGoodです。また、学習者の心理も非常に理解しており、「前回の動画の内容どうせ覚えていないからもう1回復習するね」などと痛いところを突いてくれるのもモチベーションが上がってとても親しみを持つことができます。

TOEICだけに限らず、所々入ってくる全く関係ない雑談も癒しの一端になります。

TOEICに対する勉強の姿勢、モチベーションの保ち方、そしてHarukaさんのPart5の早解き動画など、コンテンツも豊富なのでぜひ文法の勉強を一から丁寧に勉強したいという人にはおすすめのチャンネルです。

猛牛ちゃんねる

www.youtube.com

こちらはJetBullさんが運営されているチャンネルになります。

JetBullさんはTOEIC界ではカリスマ的な知名度・実力を誇るToeicerです。

TOEIC満点連続数十回という驚異的な戦績を誇るところもすごいですね。

こちらのチャンネルはJetBullさんオリジナルの文法問題を扱っています。

テキスト等は用意する必要ななく、動画のみで完結することができます。

また、1本の動画が10分前後であるため、スキマ時間に勉強することができますね。

私がこのチャンネルが好きな理由は、動画編集の巧さがあげられます。

軽妙な口調と、サクサクと先にすすむ動画の躍動感が病みつきになるくらい素晴らしいです。

文法だけでなく、単語の覚え方などのコンテンツもあり、これからどんどん成長していくチャンネルになること間違いなしです。

Atsueigo

www.youtube.com

こちらのチャンネルは、Atsuさんが運営されているチャンネルです。純ジャパにも関わらず、TOEIC満点、TOEFL114点、米国公認会計士試験合格→Big4に就職といった華麗なる経歴を誇る方です。

TOEIC専門という訳ではないですが、Atsuさんが英語を学ぶにあたって試した勉強法、参考書などが様々な視点から語られています。

モチベーションアップにも非常に効果があるチャンネルですので、2019年こそは英語を本格的に学びたいと思っている人には一見の価値ありです。

Morite2 Channel

www.youtube.com

こちらのチャンネルは2019年元日に開設されたばかりのチャンネルです。

なんとこのMorite2さん、TOEIC界、予備校界のカリスマである森田鉄也先生なんですね。キャラ付のためにマスクを鼻にしているようです。(笑)

こちらはまだまだ開設されたばかりですので、コメント欄にリクエストをすればいろいろな企画に取り組んでくれるようなので是非盛り上げていきましょう。

まとめ

ということで今回は4本のチャンネルを紹介しました。まだまだ日本ではTOEICに特化したチャンネルは少ないですが、これからはもっと増えていくことでしょう。

韓国のチャンネルでは、TOEICの学習動画が多数あるようですが、韓国語の解説になってしまうことがネックですね。

また新たな動画が配信されるようになったら都度記事も更新していきたいと思います。