TOEIC730点突破勉強法

35歳からの独学で、半年間でTOEIC300→TOEIC950にスコアアップした管理人の勉強方法を発信します。 小手先のテクニックではなく、王道の勉強方法を紹介するため、TOEICの後の英語学習にも大いに役立つよう構成していきます。また、外資系企業に転職した体験談、仕事内容についても適宜触れていきたいと思います。

TOEICリスニング対策の完全マップ|発音を学べば劇的にリスニング力アップ

 

f:id:syoshinsya_toeic730_oudou:20190222142933j:plain


TOEIC学習における3本柱(単語、文法、リスニング)の3つ目となるリスニング学習方法のテクニックをまとめました。

 

『リスニングで全く聞き取れることができない』という人から、『リスニングパートを得点源にしたい』、『TOEIC学習後はすぐに英会話にチャレンジしたい』といった方向けのまとめページです。

 

TOEICで高得点(730点以上)を狙うには、リスニング問題を攻略することが戦略ポイントの一つです。

 

日本人のおおよそは、リーディングスコアよりリスニングスコアのほうが高くなる傾向があります。

 

これは、単にリスニングのほうが簡単だからです。単語的にも文法的にも難しい内容は問われないので、初心者からでも数カ月リスニングに集中して勉強すればリスニングで400点を超えることは十分可能です。

 

これから紹介する記事を上から読んでいくことで、リスニング対策をする上のポイントが理解でき、TOEICのリスニングパートで8割以上の得点が稼げるようになります。

 

 

最初にネタバレをしてしまうと、リスニングの攻略の一番手っ取り早い方法は「発音」を学ぶことです。

 

リスニングなのに発音?と思う人も多いかと思いますが、まずは英語の音を理解しないことには聞き取れることは絶対にできません。

 

ここをすっ飛ばしてしまう人が多いんですね。そして、教える側もなぜか発音の重要性を教えない。

発音記号は一日もあれば主要なポイントは理解できるので、あとはそれを実際に自分の口から発することが発音・そしてリスニング力向上のコツです。

 

では、具体的な手順について紹介していきたいと思います。

 

ぜひとも下記からご覧ください。

 

リスニングの基礎知識:まずは音の変化について学ぼう

冒頭にも述べましたが、リスニング対策をする上でまず最初にやっておきたいことが「発音学習」です。

 

大事なことなので何回も繰り返しますが、発音は早ければ早い段階で学ぶほうがよいです。

後になればなるほど誤った発音が身についてしまい、矯正するのが困難になります。

 

 

以下のポイントを押さえつつ記事を読むことで理解が深まります。

  • 日本式の誤った発音を克服する
  • 似た音を聞き分ける
  • 国別の発音に慣れる

 

www.toeic730.net

 

▼発音に関する参考書関連はこちらの記事にまとめてあります。

www.toeic730.net

 

 

TOEICパート別対策:Part1、Part2の勉強法

発音の基礎が身についたら、次はさっそくTOEICのリスニング対策をしていきましょう。

 

リスニングパートは大きく分けると、Part1&Part2のグループと、Part3&Part4のグループに分けることができます。

 

前者は、短文を聞き取る能力、後者は長文を聞き取る能力が問われるのが特徴です。

 

ただ、いずれも「正確に英語を聞き取る能力」が問われていることに違いはありません。

 

まずは、短い英文をしっかり聞き取る力をつけていきましょう。

 

ここ最近では、Part2の短文応答問題はよりビジネスライクな表現が使われるようになってきており、婉曲的な回答も出題され受験者を悩ませています。

 

Part2で波に乗ることがリスニングパート攻略のポイントです。

 

是非、以下の記事で対策方法をしっかり理解しましょう。

 

www.toeic730.net

 

TOEICパート別対策:Part3、Part4の勉強法

短い英文を理解できるようなったら、あとは長めの英文にどんどんチャレンジしていきましょう。

 

Part3は2人~3人の会話問題 、Part4は一人のナレーターが話す広告や宣伝などのトピックが出題されます。

 

いずれも難しい内容を問われることはありませんが、1分前後の会話を集中して聞くスキルと、全体像・細かいポイントをしっかりと忘れずに覚えておくスキルが必要です。

 

このパートの英文の展開は似通ったものが多く出題されます。

何度も練習することにより会話の流れ・質問の内容もある程度予測できるようになってきますのでそうすればしめたものです。

 

リスニング対策には音読が有効とよく言われていますが、まさにその通りで、TOEIC高スコア保持者は、Part3とPart4の英文を何度も繰り返して音読練習している人が多数います。

 

これはTOEIC対策にはもちろんですが、英会話の習得にも非常に有効なトレーニングになります。

是非取り入れていきましょう。

 

では、Part3とPart4の勉強方法をご覧ください。 

www.toeic730.net

 

最後に、TOEICリスニング対策でおすすめのテキストをまとめていますので是非参考までにご覧ください。

 

www.toeic730.net