TOEIC730点突破勉強法

35歳からの独学で、半年間でTOEIC300→TOEIC950にスコアアップした管理人の勉強方法を発信します。 小手先のテクニックではなく、王道の勉強方法を紹介するため、TOEICの後の英語学習にも大いに役立つよう構成していきます。また、外資系企業に転職した体験談、仕事内容についても適宜触れていきたいと思います。

TOEIC公式問題集の使い方【目標スコア別】

f:id:syoshinsya_toeic730_oudou:20190110153522j:plain

TOEICを受けなければいけないけどどうやって勉強したらいいか分からない。何度も受けているのに思うようにスコアが上がらない・・・。そんな悩みを抱えているいませんか?

書店にいっても英語参考書、TOEIC参考書だらけで一体何を選んだらよいか分からないですよね。勉強法も星の数ほどあって何が自分に合っているのか・・・。

ただ、TOEICのスコアを上げるにあたり一番「効果があった」と言われた学習法は・・・良く言われていますが、やっぱり「TOEIC公式問題集を徹底的にやりつくすこと」でした。集中して取り組み「2か月で150点以上アップした」なんて声を聞くこともありました!

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 4

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 4

 

 

公式問題集をおススメする理由は大きく3つあります。

  • 問題形式に慣れる
  • 問題量に慣れる
  • 頻出の単語や言い回しを覚える

公式問題集で学習する際に注意することは、「最初から高得点を取るために問題を解くのではない」ということです。目的は『復習』にあります!
最初から得点が取れていたら勉強する必要はないですよね。
まずはこれから学習するポイントを把握するために取り組んでください。

そして、次のコツは「短期集中」。いつ受験するかターゲットを決めて学習しましょう。問題数の多いTOEICでは、英語を読むスピードが大変重要です。久しぶりに英語に触れて、読むだけで四苦八苦・・という状態では、スコアアップはやっぱり難しいです。2か月くらい集中してやり込むと、英語に“慣れ”て読むスピードもどんどん上がってくるのが実感できます。

公式問題集には、2回分の問題が収録されています。これを1度やったから他の問題集へ・・・ではなく、1つの問題を複数回やり込んでください。

決して答えの番号を覚えるのではなく、問題文に出てきた単語や言い回しを確実にものにしてください。

大変重要なことをもう1点。必ず2時間区切って、Part1-7まで通して問題を解く練習を入れてください。 例えば、平日はパート毎に区切って学習し、全パートを解き終わったら「間違えた個所を覚えているか」の確認をかねて、本番さながらに2時間で全パートを解く練習を絶対にしてください。

長丁場で蓄積される疲労、馬鹿にできません。パート毎に勉強していた時にはできていたことが、2時間連続で解くとできなくなったりします。(何度も同じ文書を読んでしまったり、スムーズに意味が把握できなくなったりなど)TOEICを受験するということは、英語そのものや時間配分だけでなく、緊張や疲労による集中力低下との戦いでもあります。「2時間で解く」ことに体と頭を慣れさせてください。

ここからは、現在のTOEICスコア別におススメの復習・学習方法をご案内します。

~500点くらいまでの人:このレベルの方は、文法力と基礎的な単語力を身につけるだけでぐっとスコアアップが見込めます!基礎力向上のために、まずは「文法」に着目し、問題文やリスニングした文章で分からなかった文法を細かく確認・理解するようにしてください。

~600点くらいの人:あと一歩を伸ばすためには、語彙力がポイントのことが多いです。普段あまり目にしなくてもTOEICでは頻出となる単語・イディオムをぜひ吸収してください。分からなかった単語の意味をしっかりおさらいしましょう。

~700点くらいの人:ここからのスコアアップには、全部の問題にしっかり回答することが求められてきます。Part7(最後のReading問題)を時間内に全部に目を通すためには、読むスピードが必要です。しっかり時間を図ってトライしてみてください。

700点以上の人:満点に近いスコアを目指すには、ひっかけ的な難しい問題も落とさずに正解することが必要です。スピード、文法の正確な知識、語彙力、全てが求められるレベルです。実際に解く時間よりも短く区切って解く練習をしてみる→間違えた部分は絶対に全て覚えるなど、高負荷をかけてトレーニングをしてみてください。

やらなければスコアは上がりません。ただ、やれば上がるのがTOEICの特徴でもあります。まずはトライしてみてください!