TOEIC730点突破勉強法

35歳からの独学で、半年間でTOEIC300→TOEIC950にスコアアップした管理人の勉強方法を発信します。 小手先のテクニックではなく、王道の勉強方法を紹介するため、TOEICの後の英語学習にも大いに役立つよう構成していきます。また、外資系企業に転職した体験談、仕事内容についても適宜触れていきたいと思います。

【TOEICの勉強を継続させるコツ】まずは3か月100時間続けてみよう

f:id:syoshinsya_toeic730_oudou:20190120001107j:plain

2019年に突入したものつかの間、もう1月も終わろうとしています。

2019年の頭に誓った目標は継続できているでしょうか。

少し息切れ気味の人もいるのではないでしょうか。

 

今回は、TOEICの勉強を継続させるコツについてお伝えしたいと思います。

 

何事にも継続が大切ということはなんとなくは分かってはいるが、ほんの些細なことでもそれを毎日続けるということは非常に難しいものです、、、。

 

思い返してみてください。

今までの人生の中で継続できていることはどれだけありますか?

 

受験勉強、資格試験、ダイエット、習い事、英会話、自炊、読書、ジャンルはさまざまだとは思いますが、なかなかパッと思いつく人は意外に少ないのではないかなと思います。

 

ここで、どんな分野でも全くの無知の状態からそれなりに板についた状態になるまでに3か月100時間必要と言われています。

 

これは、できれば最初の1か月目は一日1時間だけではなく2時間、3時間と勉強をするのが望ましいですが、平均すると1日1時間勉強したとして3か月でおよそ100時間に達成するという計算になります。

3か月というのは継続の重要性からもこのくらいの期間は何事も続けるべきということから出てきた数字です。

100時間は物事をある程度習得するのに必要な時間数です。

 

時間に余裕があるひとであれば1日3時間の学習を1か月間続けてしまえば達成できてしまいますね。

 

100時間の時間をかけるということは、アルバイトの時給で換算(時給1000円)とすると、10万円の自己投資をしていることと同等になります。

会社員になれば、時給でおよそ2000円程と考えれば、20万円もの自己投資をしていることになります。

ちょっと遠出の海外旅行もできてしまいますし、新型のノートPCやMacBookも買えてしまいます。それくらいのお金をかけているという意識からも、かけた時間を無駄にするまいという感情が芽生えるのが大多数のマインドです。

 

もしここで継続を辞めてしまえば10万~20万の投資に対するリターンがゼロになってしまうわけです。

 

3か月100時間の時間を走りぬいたあなたであればこれから先も継続を続けることは「ぜったい」できるはずです。

むしろ止めてしまうことに気持ち悪さを感じるくらいになるかもしれません。

 

よく言われるのが、歯磨きと同じ意識で続けることがベストということです。

歯磨きをしない人はほとんどいないと思います。

それくらいの日常の習慣になるまで継続させるのが、今後もずっと継続させるためのコツです。

 

更にいうと、その道のトップ層に入るには1000時間の勉強が必要と言われています。

1日1時間かけたとして3年弱の計算になります。

 

3か月100時間が達成できたのであれば、あとはこのペースで残りの9分の1をささげれば大成することは間違いありません。

※TOEICに関していえばここまで時間をかける必要はありません。

 

TOEICで目標スコアが達成できた後は、TOEICでさらにハイスコアを目指すもよし、英会話にシフトするのもよし、英検などほかの英語資格にチャレンジするのもよしですが、1000時間英語の勉強にささげれば、ビジネスの世界でも見劣りない英語力が付くことは間違いありません。

 

是非、3か月100時間の法則と、1000時間の法則は頭の片隅に常に入れておいて意識できるようにしておくのがモチベーションアップにもつながるのではないでしょうか。