TOEIC730点突破勉強法

35歳からの独学で、半年間でTOEIC300→TOEIC950にスコアアップした管理人の勉強方法を発信します。 小手先のテクニックではなく、王道の勉強方法を紹介するため、TOEICの後の英語学習にも大いに役立つよう構成していきます。また、外資系企業に転職した体験談、仕事内容についても適宜触れていきたいと思います。

【TOEIC950点取得者が目指す】2019年は英検準1級にチャレンジしてみる

f:id:syoshinsya_toeic730_oudou:20181214194721j:plain

少し早いですが来年の目標を立てました。

タイトルの通り英検準1級です。頑張ります!!

目次

 英検を目指す理由

英語関連の資格で私が取得しているものはTOEIC950点と英検4級(中学2年時に取得)です。なぜ今になって英検を取ろうと思ったのか。それはTOEICの勉強がマンネリ化してきてしまっているため別の資格にチャレンジすることで気分転換しようと思ったからです。

TOEICの900点レベルを超えてくるとかなり濃密なトレーニングをしないとなかなかスコアアップすることは難しくなってきます。300点から900点までは割と計画通りにいきましたが900点から950点までの道のりが一番苦しかった記憶があります。

最終的には990点を取ることも考えていますが今の気力だとだらけてしまっていつまで経っても達成できなさそうなので、英検を主軸にしつつTOEICスコアの底上げを目論んでいます。

あと、英検は何よりも題材がいろいろあるので面白いですね。まだ単語帳を買ったばかりですべては見れていないですがTOEICと違ってアカデミックな話が多いので純粋に知的好奇心がくすぐられます。

知識の幅が広がることを願い2019年中にまずは準1級にチャレンジしたいと思います。

なぜ英検準1級からなの?

TOEICと英検の記事で、TOEIC700点~895点あたりが英検準1級レベルと同等で、TOEIC900点以上が英検1級レベルと同等の傾向があると書きました。

TOEIC950点取っている私であれば、英検1級にチャレンジするのが妥当では?思う方もいるのでは。

英検とTOEICで一番異なるところ。

それは「単語」レベルの違いです。

TOEICは日常とビジネスの単語が中心ですが、英検はアカデミックな内容も出てくるので総じて英検のほうが単語レベルは高いです。

実は書店で英検1級の単語帳のレベルをざっと読んでみましたが半分以上分かりませんでした(;;)

そして英検準1級の単語帳の単語を見たところ6割くらいは分かるけれども4割は分かりませんでした。大学受験の時にかすかに見た記憶があるかないかのものもあったと思いますがさすがに今のレベルで英検1級に臨むのは無謀という判断から準1級にチャレンジしようという結論に至りました。

ちなみに英検2級の単語帳も見ましたがこれはさすがに9割5分以上は分かりました。

とはいえ分からないものもあったので英検準1級の勉強をしながら分からない単語は都度ピックアップしようと思います。

善は急げということで本日昼休み中に書店でパス単準1級を購入してきました!!

f:id:syoshinsya_toeic730_oudou:20181214200457j:plain

年末年始はひたすら単語暗記に明け暮れようと思います。

英検準1級への手ごたえ

まだ単語帳を買ったばかりで何とも言えませんが、ネットや経験者の話を聞くところによると英検は語彙力が勝負みたいですね。

英文自体は特段複雑なものは出ないらしく、単語力があればなんとか読んでいけるらしいです。逆にいうと単語力がないとまず合格は厳しいという話でしたのでボキャビルを中心に勉強していきたいと思います。

TOEICと違って、ライティングとスピーキング(面接)の試験があるというのも個人的には楽しみです。

まとめ

本ブログはTOEIC中心ですが、英検と絡めた記事もこれから織り交ぜていきたいと思いますので是非英検も受けようと思っている方も参考にしていただけたらと思います。