TOEIC730点突破勉強法

35歳からの独学で、半年間でTOEIC300→TOEIC950にスコアアップした管理人の勉強方法を発信します。 小手先のテクニックではなく、王道の勉強方法を紹介するため、TOEICの後の英語学習にも大いに役立つよう構成していきます。また、外資系企業に転職した体験談、仕事内容についても適宜触れていきたいと思います。

【完全無料】英語を学べる厳選サイト100選【TOEIC・英検対応】

f:id:syoshinsya_toeic730_oudou:20190202134158j:plain

もくじ

英語学習と聞くと、英会話スクール、海外留学、通販教材、資格予備校といったように何かとお金がかかることをイメージしがちです。

しかし、昨今では英語学習のコンテンツも非常に充実しており、かつ無料でそのコンテンツを提供しているサイトが多数存在します。

これからはますますこの傾向が強くなっていくでしょう。世の中の塾・予備校・資格学校にとっては死活問題ですがこれも時代の流れなので致し方ないでしょう。

 

さて、今回はそんな無料で英語学習ができる優良サイトを一挙まとめて紹介していきます!!

 

無料系の記事ではこちらも人気です。

 

英語の基礎を学べるサイト10選

英語学習で最も重要なことは、基礎からしっかりと学んでくことです。

家の構造と同じで、基礎とは工事の骨組み・土台になる部分のことを差します。

基礎がしっかりしていないと地震が起きたらすぐに崩れてしまいます。

 

よく勘違いしてしまうのが基礎=簡単と認識してしまい、いまさら基礎なんていらないから早く英語が話せるようになりたいといって焦ってしまう人です。

 

言語習得に近道はありません。地道にコツコツと続けることが一番の上達法です。

しかし間違った勉強法でコツコツと勉強を続けても間違えた知識しか身につきません。

ここで紹介するサイトは、英語を学ぶ上で基礎力がしっかり身につけられる優れたサイトばかりですので是非英語力アップを目指す方はここからスタートしていきましょう。

 

1.スタディサプリ English

f:id:syoshinsya_toeic730_oudou:20190202154226p:plain

まずはこちら。リクルート社が運営する、スタディサプリのTOEIC講座です。

元東進ハイスクールのトップ講師である関正生先生が神講義を展開していきます。

各講義動画は5分前後と短い構成になっているので、スキマ時間にサクサクと勉強できてしまいます。

一週間は無料体験できるため、まずは登録して試してみることをおすすめします。

一週間経過後は料金はかかりますが、

1か月あたり3000円弱で受講することができるので、1日に直せば約100円という破格の値段でこれだけのクオリティのコンテンツを提供してしまうリクルート社は本当におそるべし。

さらに、TOEIC講座を受講した場合、「日常英会話コース」も無料で受講することができます。

TOEICをベースとして、今後は英会話にもシフトしていきたいと思っている人にはうれしい内容ですね。

 

2.Duolingo|英語を無料で学ぼう

www.duolingo.com

英語だけに限らず、中国語、スペイン語など全59言語に対応した語学学習総合サイトです。スマホアプリとも連動しているため、いつでもどこでも学習することができます。

ゲーム感覚でサクサクと問題を解いていくうちに自然と英語を学ぶことができます。

基本の学習の仕方は、日本語訳に合う英文を、単語のリストの中から選択していく流れとなります。また、リスニングやスピーキングの学習もできるため、英語の総合的な基礎学習をすることが可能となっています。

スピーキングも、音声認識システムで判定してくれるため、英会話力アップにも絶大な効果を発揮してくれます。

毎日継続することを楽しみにさせてくれる、そんなサイトです。


3.中学3年間の基礎英文法やり直し講座

fromexperience.info

中学3年間の英文法やり直しという名前のサイトですが、運営者の英太さんの趣味が高じてしまい高校の内容まで書かれているというサイトです。
ページも分野別に細かく分かれているため学習しやすい構成になっています。
栄太さんは外資系に勤務されているということもあり、実情に沿った英語学習方法を提供してくれています。
基礎英文法だけでなく、TOEICや英検、そしてネイティブ英会話表現といったコンテンツも充実しています。
参考書マニアも自称しているだけあり、役立つ教材も多数紹介してくれいるので自分に合った勉強法を探すのに困ることがありません。

 

4.英語王子が教えるやり直し英文法

delta-scope.com
かわいいイラストのキャラクターを使い、楽しく英文法を学べるサイトです。
サイト運営者である湯川さんはZ会出身ということもあり、クオリティが非常に高いです。
英文法といえば堅苦しいネーミングの単元が多々出てきますが、このサイトの切り口は「英文法のはじまり」「文構造をひもとく」「修飾関係のナゼ?」「読解の要となる語法」「重要構文を解くコツ」「文脈を示すシグナル」というように英語アレルギーを持っている人でも興味を持てるような構成となっています。
受験英語、TOEIC対策、英検対策にも対応しており、楽しく学びたい人にはおすすめのサイトです。
また、メールマガジンに登録すると毎週月木に読者の和訳を添削してくれるサービスもあるようです。
30,000人以上が購読したことがあるメルマガとのことでみんなで切磋琢磨しながら英語学習できる環境が整っているのでやる気も湧いてきますね。

 

5.参考書より分かりやすい英文法解説

e-grammar.info

中学から高校までの英文法までしっかりと解説されています。
各単元ごとに章末問題もありますので理解度を都度確認することができます。
そしてなんとサイト全体の文法事項を27ページにまとめたレポートもなんと無料で配布しています。
メルマガ登録が必要ですが、もちろん無料ですし毎日5分間で学習できるコンテンツも配信してくれます。
語学学習は継続が大事とは言いますが、実際にやるとなるとなかなか難しいものです。
そういう意味でも毎日配信してくれるメルマガというものは勉強を継続させてくれるとてもよいツールですね。

6.English Café 英語喫茶

www.englishcafe.jp

84回で基礎から学習ができる英文法、英語の時間的感覚(時制)、オリジナルストーリーを読みながら英会話表現、英文法解説と学習に役立つ豆知識の掲載などがあります。
文法説明だけでなく、練習問題もついていますので、学習の理解度確認ができます。
文法事項や英会話の説明については、大学の先生の校正入りということで相当なクオリティで作りこまれたサイトです。
英会話についてもシェリーという猫を主役とした物語で、表現を学ぶことができます。
猫好きにはもちろんですが、物語自体がとても興味深いので文章に引き込まれてしまいます。
単語の意味や和訳も載っているため、音読にも適した題材ですね。

7.中学校英語学習サイト

english.005net.com

中学3年間分の英語学習内容を、学年別にまとめられています。
また、コンテンツも、「英文法まとめ」、「練習問題」、「リスニング問題」、「PCスマホ問題」、「短文例文検索」と豊富にそろっています。
中学1年生から3年生までの英語を学年別、単元別にポイント解説しています。問題プリントや練習問題も充実していて、いずれも解答ページを開かずに同じページ上で答え合わせまでできるのも便利です。
基本の勉強方法は、単元毎の冒頭に要点があるのでそこで内容を理解し、そのあとの練習問題を解く流れとなります。
練習問題はPDFにすることもできますし、答えなし・答えありで出し分けすることも可能です。
答えありの場合は赤字になるので分かり易いですね。
語学学習はとにもかくにも基礎が大事。英語が苦手な人は中学英語からやり直すことが近道です。
英語を学ぶ人はもちろんのこと、英語を教える立場の人も学校・塾・家庭教師の教材として使ってもOKとのことです。


8.ちょいデブ親父の英文法

choidebu.com


中学1年生のアルファベットから中学文法全般、高校文法全般、大学教養一般レベルまで、幅広いコンテンツを提供しています。
例文集や口語表現も充実しているため、英検やTOEICでも活用できるサイトとなっています。
印刷用ファイルもMicrosoftのWord形式で無料で提供しているため、是非紙に印刷して腰を据えて学習してみましょう。
数学のみで受験できる大学一覧、英語のみで受験できる大学一覧といった一風変わった切り口のコラムも面白いです。
管理人さんは元英語講師とのことで、教える技術は逸品ですね。

9.NHK高校講座

www.nhk.or.jp

NHK高校講座では、ラジオ番組やテレビ番組のバックナンバーを無料で学ぶことができます。
高校英語とは謳っていますが、ベーシック英語は中学英語の内容となっておりますので基礎が不安な人はこちらからスタートする
ことをおすすめします。
テレビ番組であればサイト上から動画を閲覧することができますし、画像と文章で見ることもできるのでじっくりと
腰をすえて学習することも可能です。また、講義ごとにPDFで学習メモや理解度テストもついているため印刷して手元に
おいて実際に書き込みながら学習することが最も効率的です。
英語以外の講座も多数収録されているので高校生はこのサイトだけで受験対策もできてしまう優れものです。
要チェックのサイトです。


10.基礎から学べる 学習サイトeboard

info.eboard.jp

e-ラーニングアワード2015で文部科学大臣賞に輝いたNPO法人eboardが運営するサイトです。
小学生から高卒認定試験までサポートした無料学習サイトで、300以上の学校や学習塾での利用実績があるということで内容はお墨付きです。英語コンテンツは、「中学英文法」のカテゴリがあります。
すべてに動画講義があり、理解度チェックもついているため効率的に学習することができます。
さながらスタディサプリの完全無料版といったところでしょうか。


11.なんとかしたいやり直しの英語学習

eigogakusyuu.ninja-x.jp

このサイトは、もう一度英語をやり直したいと思っている社会人、英語をなんとかしたいと考えている中学生などの英語が苦手な初心者向けで、中学3年間の文法を理解できるようにわかりやすく説明しています。
英検3級レベルの力を身につけることができる構成になっています。
日本人には理解が難しい前置詞表現については、図を用いて説明してくれているのでビジュアルからも理解することができます。
また、各単元には難易度が記載されているので学習をはじめる前に心構えすることができます。
こういった細かな心遣いがうれしいですね。

12.イークルース 中学英語 中1~中3英文法

e-clus.com

中学生向けの学習コンテンツを提供するイークルースの中学英文法講座です。

一部有料講義はありますが、基本単元すべてについては動画とPDFレジュメがすべて無料で利用できるため、中学英文法を一通りマスターすることができます。

動画を使った学習方法については、実際に講義をみてノートをとりながら学習することが推奨されています。1つの単元の基本講義を終えたあとは、確認問題・応用問題で理解度チェックをしましょう。

単語・語彙力を強化できるサイト5選

英語の勉強で最も重要かつ終わりのない分野といわれるものがこの単語・語彙のパートです。日本人が英語を学ぶ上で、10000語レベルの語彙力があれば英語を使った仕事や英会話にも困らないでしょう。

しかし闇雲に暗記しただけでは使える英語は身につきません。

語源、語義、発音、例文、画像イメージといったようにいろいろな要素を融合させて覚えることが本当の語彙力アップのコツです。

そのためにも以下のサイトたちはいかに効率的に人間の記憶にとどめることができるかを考え抜いて作られたサイトですので安心して勉強に取り組んでいきましょう。

1.天才単語

www.tentan.jp

初級で1から8ランク、中級で1から8ランク、上級で1から8ランクの24個の単語帳があり、それぞれに100個の単語が収録されています。
さらに、これ以外にも25のジャンル(外交、企業、金融、軍事、暦と時間、職業、家族、人の性格、宇宙、スポーツ、政治、経済、居間の物、果物と野菜、天気、食べ物、動物、台所の物、バスルーム、人の体、気持ち、木と花、けが・病気、形の名前)があり、すべてに
意味、関連語、動画付き音声、ヒント、画像など記憶するためのヒントがこれでもかと掲載されています。
初級者だけにとどまらず、上級者にも満足いく使い勝手となっております。サイト名の通り、これを覚えれば天才になれることを
確信させてくれるほどの優良サイトです。

2.Weblio語彙力診断テスト

uwl.weblio.jp

辞書サイトとしても有名なWeblioの語彙力診断ができるコンテンツです。TOEICや英検、大学入試、TOEFLのレベルに合わせた単語テストをすることができます。登録なしでも利用できますが、無料登録すれば、苦手な単語を単語帳に保存することもできます。英単語の出題形式は4択で、10秒間のカウントダウン式の中で解答するため、瞬時に意味を思い出すための力が養われます。
語彙力の総合診断もできますので、定期的に自分の語彙力がどれくらいあるのかも把握しておくとモチベーションアップに役立ちます。

3.単語力

www.tangoriki.com

8000語の単語が用意されています。初級、中級、上級、至難の4つのレベルに分かれており、それぞれ2000語のテストが用意されています。

基本はレベル別テストで単語力を上げていき、総まとめとしてランダムテストを受ける流れで勉強していくのがよいでしょう。

学習ツールとしては、10個の間違えた単語を単語帳に保存することができ、復習テストを行うことができます。

テストの解答ページでは、単語にカーソルをフォーカスすると辞書サイトにリンクし意味を表示してくれるようになっていますので、分からない単語を即座に調べることができます。

トップページに自分の単語力の日別グラフが表示されるので、成長度合いがリアルタイムで見られるのがやる気アップにつながりますね。TOEIC対策としては上級レベルまで覚えれば十分でしょう。

至難レベルはさらに英字新聞や雑誌を読みこなしたい人向けのようですが覚えておけば実生活でも役立つ表現ばかりです。

4.英語単語テスト

yasu80.boy.jp

こちらのサイトでは、アルク社の「レベル別の語彙リストSVL12000」に対応した書籍の単語テストを行うことができます。
SVL12000は日本人が英語を学ぶ上で知っておきたい表現をアルク社がリサーチしてまとめたものです。
中学英語の単語から、英検1級レベルの単語まで幅広く取り揃えており、この12000語をマスターしてしまえば英語で困ることはほぼなくなります。英字新聞や雑誌も読めてしまいます。しかし12000語の暗記には骨が折れるもの。そんなときこの英語単語テストを使えば
効率よく単語をマスターすることができます。TOEIC対策であれば8000語レベルまで覚えれば十分でしょう。
解答ページから英辞郎のサイトにアクセスすることもできますので、覚えにくい単語やもっと意味を知りたい単語があった場合にはこちらにリンクして例文も見ながら記憶にインプットするのがおすすめです。

5.単語山

www.tangoyama.com

単語力アップと英文読解力アップをテーマにしたサイトです。英単語では、100000語レベルの単語習得、さらに受験英語1800語の
コンテンツが用意されています。単語を覚えた後は、リーディングコンテンツで実際に英語を読む訓練を行うことができます。

 

6.Image Learning | 画像で覚える英単語

image-learning.com

英単語を覚える上で一番効果が高いといわれるのが「映像と結びつけること」だそうです。このサイトは、画像と英単語を結び付けて暗記をすることができるサービスです。

 1秒、5秒、10秒、15秒、20秒のいずれかのスピードで単語を流すかを設定することができます。慣れてきたら5秒で瞬時に意味が思い出せるかチャレンジしてみましょう。

7.Gogengo|英単語は語源でたのしく

gogengo.me

英単語は語源を理解してしまえば爆発的に単語数が増えます。

その語源をたのしく勉強できるサイトです。語源ってなに?という方に。

company(カンパニー)の語源を調べてみましょう。

company

→com「共に」pan「パン」y「すること」

→一緒にパンを食べる仲

→仲間、友達、会社

このように、com/pan/yに分解してそれぞれに意味を持っているということですね。

このルールが分かれば未知の単語に出会った時でも推測できるようになりますので英語学習者には是非知っておくべき内容ばかりです。

8.とことん!英単語!

tokoton-eitango.com

英単語甲子園、英単語ゲーム、クロスワードといったゲーム感覚で楽しく単語を学べるサイトです。無料登録することにより学習履歴やランキングも表示されるのでモチベーションを保ちながら学習することができます。

特にクロスワードはかなり歯ごたえのある内容で、自分の英単語の理解度を試すにはうってつけの内容です。初級編といえどなかなか全問正解は難しいものです。是非力試しでチャレンジしてみましょう。

9.英単語ワールドカップ

www.word-cup.net

英単語でサッカーを?日本代表チームとなり世界の強豪と英単語を競うサイトです。

ゲーム感覚で単語を覚えることができるのでおすすめです。サッカー好きにはもってこいのサイトですね。

無料のユーザ登録すると学習履歴機能やランキング機能を使うことができます。

1万人以上のユーザがおり、白熱したバトルが繰り広げられています。

楽しみながら学習することが記憶の定着、継続の観点でもよいですね。

発音の学習ができるサイト3選

英語を学習する上で絶対に必要な3本柱として、単語・文法・発音があります。

日本人の傾向として、単語と文法は一生懸命勉強するものの、発音はおざなりという状況がいまもなお続いているのが現状です。

高校時代も試験対策としてアクセントや発音を学んだだけではないでしょうか?

日本語と英語の発音は母音から子音から全く異なりますので、きちんとしたトレーニングをしない限り通じる英語は話せません。

しかし、発音のトレーニングは短くて1週間、長くても1か月あればマスターできてしまいますので時間をとって一気に学んでしまうことがコツです。

発音がマスターできるとリスニング力も驚くほどアップしますよ。

発音学習の際には、スマホのSiriやGoogle音声入力を使って自分で英語を発してトレーニングをするとすぐ上達しますよ。

1.英語発音入門

kccn.konan-u.ac.jp


発音する上で必要な口や舌の動きを図解、そしてネイティブの発音動画も見ながら学ぶことができます。
発音の種類も、イギリス英語とアメリカ英語が用意されており、簡単に発音の切り替えをすることもできます。
日本人が発音しにくいといわれている子音も、ネイティブの口の動きを見ながらマネをすればネイティブに使い発音で話すことも十分可能です。発音を学ぶことはリスニングにも効果があるため、TOEICでリスニングが苦手な人はまずはこのサイトで発音をマスターすることをおすすめします。

2.Atsueigo

atsueigo.com


日本で学びながらTOEIC990点満点、英検1級、TOEFL114点、米国公認会計士の資格を持ち、現在は大手会計事務所に勤務しオーストラリアで働いている物凄い経歴の持ち主です。youtuberとしても活躍しているatsuさんは、自身が英語を学ぶ上で行ってきた勉強法を多数紹介しています。自身のサイトも公開し、さまざまなコンテンツを用意しています。
その中でも、発音コンテンツはここさえマスターしてしまえば完璧といえるくらい充実したものとなっています。
教科書通りの説明だけではなく、生の英語を体験しているatsuさんならではの発音法も教えてくれるため、コミュニケーションのための本当に通じる発音を学ぶにはもってこいのサイトです。

3.READING BEAR

www.readingbear.org

READING BEAR(リーディングベアー)は、英語のサイトですが子供の発音教育によく使われている「フォニックス」という発音方法を元にした発音練習サイトです。子供向けとはありますが、大人でも充分利用できる内容になっています。世界中で第二外国語として英語を学ぶ人もこのサイトを参考に発音訓練をしていると聞きます。
そもそも「フォニックス」という言葉を初めて聞いた人も多いかと思いますので、まずはトップページの「First Learn the Letter Sounds!」の中の動画でアルファベットの音を聞いてみましょう。フォニックスがどういうものか分かることができます。
フォニックスの良い点は、ルールをマスターしてしまえば一部例外はあるもののどんな未知の単語でも意味や発音が瞬時に分かってしまうことです。大量の英語に触れる必要がある人や、海外の大学で勉強をしたい人などは日々何百ページもの英文を読む必要があります。
その都度辞書で調べていてはとてもではありませんが時間が足りません。そんなときにこのフォニックスのルールが役に立つでしょう。

4.バイリンガール 発音レッスン

www.youtube.com

アメリカ育ちのチカさんが運営するyoutubeサイト、バイリンガールです。

テレビのCMでも放映されたことがあるのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

日本人が苦手とする発音について分かり易く解説してくれています。

チカさんの明るい性格がとても癒されます。もちろんネイティブの英語発音なのでとても勉強になります。発音学習は実際に口元や声の出し方を見ながら真似ることが一番の上達方法です。是非発音シリーズは全動画チェックしましょう。


英語を学べる海外のサイト5選

海外には英語学習者に向けたサイトが多数存在します。英語を学ぶには英語で学ぶのが一番効率がよく効果がでるといわれています。

そんなことは分かってるといいつつもいざやろうとすると不安が伴うのも事実です。

ここで紹介するのは、英語初学者でも取り組むことができるサイトを中心に選んでいます。子供用のサイトもありますが、あなどることなかれ、大人でも十分役立つ情報満載です。

1.OXFORD UNIVERSITY PRESS 「Grammar Starter」

elt.oup.com

スターター、グラマー1、2、3の全4つのコンテンツに分かれており、、各レベルのコンテンツを選ぶと、ボキャブラリー、グラマー、リスニングの問題が解けるようになっています。かわいいアニメーションで、ゲーム感覚で進めることができるので楽しく英語を学ぶことができます。オックスフォード大学出版が運営しているということもあり、内容はお墨付きです。英語を学ぶには英語で学ぶことが一番といわれていますが最初はなかなか敷居が高いものです。しかしこのサイトであれば本当に初心者でも丁寧に学ぶことができるので、英語で学ぶことを始めたい人には、おすすめのサイトです。

2.Learn English Kids

learnenglishkids.britishcouncil.org

イギリスの国際交流機関の子供向け英語学習サイトです。子供向けとはいえ、リスニング、リーディング、スピーキング、ボキャブラリー、グラマーとバランスよく勉強できるようになっていて初心者や大人のやり直し英語にもおすすめです。英語で英語を学ぶ習慣をつければ、世界中の英語のサイトに飛び立つこともできます。その第一歩となるこのサイトでじっくりと腰を据えて学習してみましょう。また、もう一歩進んだ学習をしたい場合には「Learn English Teens」を学習してみましょう。

また、英語教育者向けのTeachingEnglishのコンテンツもありますのでより高度なスキルを身につけたい人には是非チャレンジしてみては。

3.BBC LEARNING ENGLISH

www.bbc.co.uk

海外メディアの代表格ともいえるBBC放送の英語学習者向けサイトです。子供向けサイトとは異なり、時事ニュースを専門としているBBCならではのすぐに役立つコンテンツが充実しています。学習内容もレベル別に分かれていますので、初心者はまず「Lower-intermediate」からチャレンジしましょう。ユニットが30個あり、その中にセッションが5つあります。動画や写真を見ながら、質問に応じた解答を選ぶ方式となっています。ネイティブの会話を聞きながら学習することができますので、リスニング力も相当アップすることができます。

BBCのコンテンツということもあり、世界情勢にも詳しくなることができるのが大きなメリットですね。LEANING ENGLISHで学習を終えたらBBCニュースにチャレンジしてみましょう。

4.VOA Learning English

learningenglish.voanews.com

Voice Of Americaという、英語を外国語として学び人のためのニュースを提供しているサイトです。ラジオ放送で聴いたことがある人も多いのではないでしょうか。

レベルはBeginning、Intermediate、Advandedの3つの構成からなっています。

まずはBeginningからはじめましょう。

学習内容としてはストーリー仕立ての5分間の動画を見ながら、表現や文法の練習ができます。字幕付きで会話もゆっくりと話してくれるので、難しいものではありません。

Beginningを終えたあとは、Intermediate、Advancedにもチャレンジしてみましょう。

5.elllo

www.elllo.org

アメリカ人、イギリス人、カナダ人、オーストラリア人といったように様々な人種の英語スピーカーが1vs1で会話をした内容が収録されています。

全文テキストはもちろんのこと、会話の中で出てきた文法や表現もクイズ形式でまとめられています。

TOEICのリスニングでは、様々な人種の英語スピーカーが登場してきますので、このサイトでいろいろな国の発音をマスターしておけばTOEICリスニング対策もバッチリです。 

 

英語のリーディング力をアップするサイト5選

単語、文法の知識が固まってきたら今度は実際にガンガンと英文を読んでいきましょう。語学上達のコツは、最終的にはたくさんの文を読むことに尽きます。

今までため込んだ単語、文法の知識を総動員して、本場の英文に慣れ親しむことこそが上達への近道です。

 

ここ10年来、「多読」というキーワードもでるくらいに英語をたくさん読むという習慣が定着しつつあります。

 

多読のコツは、難易度の高い文章をたくさん読むことではなく、自分の実力よりも2ランクほど低い文章を速く、大量に読むことがポイントです。

 

まずは正確さを重視しつつ、読むようにしましょう。たくさん読んでいくうちにスピードはついてきます。

 

多読は、1日1英文といったように少量でも毎日欠かさず続けることが大事です。

是非、以下のサイトで訓練を重ねていきましょう。

 

1.Newsela

newsela.com

Newselaでは、ニュース英語を中心に、1つの記事を、学習者のレベルに応じて難易度を変更することができます。

このサイトは、外国語として英語を学んでいる人(ESL:English-as-a-second-language)や学校へ行く機会がない貧困層などを主な対象としており、ニュースに限らずさまざまな分野でも知識を提供していくプラットフォームとなっています。

英文ごとに理解度テストもあるため、自分がどの難易度の英文でどれほどの理解度があるのかというのを記録することができます。(無料登録が必要)

スマホアプリもありますので、日々の英語学習のお供に是非使ってみてはいかがでしょうか。

2.Khan Academy SAT Reading and Writing Practice

www.khanacademy.org

Khan Academyとは、アメリカの試験「SAT」の解き方やポイントを動画で解説するサイトです。

SATとは、日本でいうセンター試験のようなものでアメリカの高校生が大学受験をする前に受ける共通テストです。

SAT試験の運営者は、SATの過去問題を無料公開しており、ウェブサイトからダウンロードすることができます。。

アメリカの学生が学ぶ、本場のアカデミックな英文について勉強することができます。さらに、Khan Academyの動画を活用することで、アカデミックな知識やリーディングのコツといった、知的レベルが大幅に上がること間違いなしです。

海外サイトということもあり、すべて英語での講義になりますが、使用されている表現はそこまで難しいものではなく、しっかりと英文を読み込んでいければ初心者でも充分についていくことはできるでしょう

3.British Council LearnEnglishTeens

learnenglishteens.britishcouncil.org

英国のリーディング学習サイトです。リーディングの文章があるだけではなく、リーディング内容に関するテストが含まれているので、理解度を確かめることができます。

このサイトでは、アカデミックやニュースといったジャンル以外にも実生活で必要な内容にも焦点を当てていることです。

Emailの書き方やレストランでの振る舞い、料理や図書館でのシチュエーションポといったものからクイズが出題されるので、飽きることなく楽しみながら学習を進めることができます。

特に海外旅行や留学、ゆくゆくは海外で生活をしたいという人には特におすすめのサイトになります。

4.rong-chang ESL Easy Reading

www.rong-chang.com

こちらのサイトでは、いろいろなトピックに関する英文を読むことができます。

一例をあげるとこのような題目です。

1. Red, White, and Blue
2. Try to Sleep
3. Washing Her Hands
4. A Thin Man
5. A Piece of Paper

海外の小学生向け?レベルの題材となっているようですが、穴埋めや文章作成といった問題で文章の理解度を確認することができます。

 

空欄を埋めたり文章を作ったりするような問題を通じて、文章の理解度を確認することができます。さらに、200個の英文すべてに対して音声が付いているのでリーディング力に限らずリスニング力も同時に強化することができます。

 

5.E Reading Worksheets

www.ereadingworksheets.com

こちらのサイトでは英語初心者向けのリーディング素材で勉強することができます。

「読書」に焦点を置いたサイトであり、トピックについても

フィクション
ノンフィクション
著者の主張
登場人物の描写
事実と意見
推論
ストーリー構造
テーマワーク

といったように、文章の種類から選ぶことができます。

例えば論文の読解力を強化したいのであれば、事実と意見や著者の主張、物語を読む力をつけたいのであればフィクションや登場人物の描写、ストーリー構造のテーマを読むことで用途にあった読解力をつけることができます。

英語学習に役立つサイト15選

英語の学習法は星の数ほど存在するといっても過言ではありません。

闇雲に勉強にとりかかったとしてもとても効率がいいものとはいえず、結局挫折してしまうことが往々にしてあります。

そうならないためにも、行き先をしっかりと見据えたうえで英語学習の計画を立てることが重要です。

こちらのセクションでは英語学習に役立つサイトたちを紹介していきたいと思います。

1.英語上達完全マップ

mutuno.o.oo7.jp

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」で一躍有名になった森沢さんのサイトです。日本を出ずに高度な英語をマスターすることをコンセプトにサイト構築されています。書籍版でも英語上達完全マップが売られていますが、なんとこのサイトでも同じ内容を見ることができます。音読、瞬間英作文、文法、精読、多読、速読、ボキャビル、リスニング、英会話といように英語のすべての要素が紹介されていますので自分の興味に合う分野から読みすすめることをはじめ、最終的にはすべてのコンテンツを読むようにしましょう。
日本国内だけで英語が上達した人に聞くと、英語上達完全マップの通りに勉強してきたという人が非常に多いので効果のほどは実証されています。千葉県浦安市でスクールも開校しているので興味がある人はそちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。

2.英語学習サイト:Hapa 英会話

hapaeikaiwa.com

日米ハーフであるJunさんが運営しているサイトです。ロサンゼルスで育った経験を活かし、教科書では学べない生きた英語を学ぶことができます。ちなみにサイト名である「Hapa」は、ロサンゼルスで「混血・ハーフ」を意味するそうですよ。

3.英語いいね!好きになることが一番の上達法

school.jorudan.co.jp


好きになることが一番の上達法というコンセプトを元に、内容的にも楽しさ満載の構成です。
運営元は神田外語グループということでクオリティも非常に高いものとなっています。
まずはなるほどコラムで英語の勉強法や英語の使い方を学び、「そうだったのか!英文法」にて英文法を学び直すことを
おすすめします。担当の栗本孝子先生は元・日本航空国際線客室乗務員。ガルーダ・インドネシア航空機内通訳乗務員を経験後、テキサス州立大学に留学。帰国後、テンプル大学院ジャパンで英語教授法修士号取得。そしてTOEIC990点と本場の英語に触れてきた経験をいかした講義内容で目から鱗の連続です。イラストもとてもかわいいので癒されながら学習することができます。

4.英語学習お助けサイト

english-learninghelp.com

英会話からTOEIC対策まで、幅広く英語学習を助けるコンテンツを収録しているサイトです。
映画に登場する頻出フレーズからピックアップした英会話表現や、ブラッドピット、ジュリアロバーツといった海外セレブのインタビュー、有名人のスピーチなどを取り上げ、文字通り生きた英語を学べることができます。英検対策としても効果抜群ですね。
また、TOEIC対策としては、毎日更新のPart5の文法問題や、各種ミニテストなども用意されています。
サイト運営者の方は上智大学外国語学部出身の外資系企業勤務、そしてTOEIC975点というバリバリの英語経験者ですので有益な
情報がたくさん得られますよ。

5.Simulation English

eigoland.net

海外旅行でのシーン別に、英会話を学ぶことができるサイトです。

海外旅行に行っている人はこのサイトを参考にしている人も多いのではないでしょうか。私も海外出張があるときはこのサイトで事前にイメージをつかんでから出発するようにしています。

学習内容としては、会話の流れを一問一答のクイズ形式で進めていきます。答えは3択、相手の質問に対する正解答を選んでいきます。解答すると次の質問へ進みます。1問の持ち時間は10秒、制限時間内に答えられない、または4問以上不正解するとゲームオーバーとなります。
会話は日本語訳でサポートされますが、日本語訳をオフにすることもできます。

海外旅行にあるあるのシーンが満載なので楽しく学ぶことができます。

6.英語with Luke

www.eigowithluke.com

イギリス人とアメリカ人のミックスのLukeさんのサイトです。日本人の英語を上達させるため、そしてネイティブの英語の感覚を伝える
ことをコンセプトにサイトが作られています。英語圏の文化、スラング辞典など、書店で販売しているような文法書では学べない英語ネイティブならではの視点にこだわった内容となっているため、思わず見入ってしまいます。月間150万PVを記録するほどの人気サイトということもありこれからの活躍にさらなる期待をしたいおすすめのサイトです。Lukeさん本人の声で解説や例文が聴けるコーナーもありますよ。

7.英語を学ぶすべての人へ

howtoeigo.net

TOEIC990点満点、英検1級、TOEIC117点、そして東大大学院卒、現在は関西大学外国語学部の准教授というまさに華麗な経歴を誇る中田達也さんが運営するサイトです。効率的な英語学習法や資格試験攻略法を中心に紹介してるサイトです。
1999年に開設されており、今年で20年目になる英語学習サイトの老舗といっても過言ではないですね。

8.アルク

www.alc.co.jp

語学の老舗アルクのサイトです。
書籍の出版や通信講座の販売はもちろんですが、それ以外のコンテンツも多数取り揃えています。
TOEIC、英検、TOEFL、英会話、英単語、英文法、児童英語、ビジネス英語、オンライン英会話・・・英語に関することなら
すべてそろっていますね。自分の興味がある分野の記事からまずは見ていくことをおすすめします。
TOEIC対策では、「TOEIC(R)問題 毎日トレーニング」というコーナーがあり、毎日日替わりでTOEICの問題が出題されます。
サイトに登録(無料)すれば、過去の問題も閲覧可能ですので大量に問題を解きたい方にはおすすめです。

9.English Hacker | 英語学習の情報ポータルサイト

english-hacker.jp

TOEIC対策をはじめとして、英会話、TOEFL、英検、GTEC、IELTS、CASEC、ケンブリッジ英検といった幅広い資格試験に対応した勉強法
が多数紹介されています。
編集長であるShinさんはTOEIC990満点を取得しており、Twitterでも日々英語に関する情報を発信しているため、常にトレンドの情報を得ることができます。

10.無料英語学習コンテンツ | 英会話スクール|ブリティッシュ・カウンシル

www.britishcouncil.jp

大人向け、子ども向け、中・高校生向けの無料英語学習教材やコンテンツを提供しています。ゲームやビデオ、リスニング教材など、楽しみながら学習できる教材やコンテンツが豊富に揃っています。

11.真剣に学びたい人のための英会話学習サイト

yamamoto-english.info


「海外など行かなくても、誰でも努力と工夫次第で英語は使えるようになる。」をコンセプトとしたサイトです。
英文法の解説が非常に分かり易く、コロケーションを使った語彙力増強法などためになる記事が盛沢山です。

12.NHKマイ語学

www2.nhk.or.jp

語学講座といえばNHK。そのNHK講座を無料の会員登録すればストリーミング配信で聴くことができます。
テキストは別途書店で購入する必要はあるものの、時間のある時にいつでも聞けるというのは忙しい社会人にとってはうれしいものです。1週間遅れの放送になりますが、時間に縛られずに聞くことができるので自分のペースで勉強をすすめることができます。最近では大西先生のラジオ英会話がベストセラーランキングに入るなど、注目を集めています。 

13.ABCニュースシャワー

www6.nhk.or.jp

 NHKのBSで放送されているニュース番組を見ることができます。日本語と英語の対訳字幕つき、字幕なし、英語字幕のみで繰り返されキーワードの解説も含まれます。日本でも馴染みのあるニュースがテーマになっていますので多少難しい英語ですがイメージしやすい内容となっています。

 

14.海外ドラマで学ぶ英会話

www.drama-english.com


24 Twenty Fourやプリズンブレイク、LOSTといった超メジャーな海外ドラマから会話に役立つ表現をまとめたサイトです。

TOEICやTOEFL、英検対策はもちろんのこと留学やワーキングホリデーといった英語圏で生活する上では必須の表現ばかりですので是非海外ドラマを楽しみなが表現の勉強をしていきましょう。

最近ではAmazonVideo、HULU、Netfilixなど月額1000円程度で見放題のオンデマンドサービスもあるので是非活用しましょう。

15.日本英語検定協会

www.eiken.or.jp

英検のホームページは試験情報だけでなく、英検の過去問や学習のためのコンテンツがたくさんあることはご存知でしょうか。

英検のトピックは幅広く世界情勢を知ることができるので教養を高めるためにも受けておいたほうがいい試験だと実感しています。

特に英検の2次試験の面接対策も、動画を使ってヴァーチャルトレーニングをすることができますので英語で自分の意見を発する練習にももってこいです。

TOEICで目標スコアを達成したあとは是非英検にチャレンジしてみましょう。私も実は準1級の勉強中です。語彙が難しくなかなか苦戦していますが英文内容が面白いのでTOEICに比べると勉強が苦になりません。 

16.TOEICスコアアップの教科書

zitanstudy.com

TOEICの勉強法が詳しく掲載されているサイトです。その中身はなんとTOEIC勉強法と攻略法300ページ。無料で問題集1,000問(音声付)、急所単語850(音声付)、リスニング強化ソフトを無料公開といった大出血サービスです。

リスニング強化ソフトは、集中リピート再生や音声速度調整機能がついており、直観的に操作ができるためTOEICリスニング対策には是非インストールしておきたいですね。

 

辞書サイト6選

辞書サイトを紹介します。近年では紙の辞書は使わずにオンラインの辞書や電子辞書、スマホの辞書がメジャーになっていますね。

手軽に調べることができるといのがメリットですしいろいろなサイトで意味の違い、ニュアンスの違いを調べるだけでも英語力がアップできます。

やはり紙の辞書より優れているところは、音声で学べることができる点ですね。

発音記号をどんなに正確に読めたとしても、実際に発音を聞くことが一番の上達のポイントです。

単語の習得には、語義と発音は常にセットで覚えることが鉄則ですので、このオンラインサイトの辞書というのは本当に重宝すべきツールです。

1.Weblio英和和英辞典

ejje.weblio.jp

収録語数1000万語を超える、国内の辞書最大手のサイトです。

単語の特集でも紹介しましたが、何よりも英語学習者が必要とするコンテンツや情報がすべて含まれてているのでWeblioさえあればすべてまかなえてしまう物凄いサイトです。スマホアプリもありますので常に手元で使える手軽さもいいですね。

2.英辞郎on the WEB

www.alc.co.jp

語学学習の大御所、アルク社の辞書サービスです。大学教授、翻訳家、通訳といった最前線の英語を知る有志が編集に携わっており、群を抜くボリュームの辞書サービスを提供しています。

アメリカでホットな話題やスラングなど、日本の辞書ではとらえ切れない分野でも即座に更新されるのはうれしい限りです。

私も海外ドラマで分からない表現があった場合はまずは英辞郎でチェックすることを習慣としています。大体載っているのですぐに解決できるスグレものです。

3.ロングマン英英辞典

www.ldoceonline.com

学習者向けロングマン英英辞典のオンライン版です。

ロングマンは基礎2000単語ですべての単語の解説をしており、初級者にはおすすめの辞書となっています。学習者向けということもあり、見やすくユーザビリティに優れています。また、使用頻度の高い単語にはレベルの表示もついていますので学習の目安としてください。例文にも発音音声がついているのでしっかりと耳で聞きながら学習をすることができます。

4.Oxford Learner's Dictionaries

www.oxfordlearnersdictionaries.com

学習者向けの辞書で、トップに君臨するオックスフォード英英辞典のオンライン版です。アメリカ英語とイギリス英語の両方の発音が確認できる点も優れています。ロングマンと比べると収録語彙や単語の説明にも難しめの単語が掲載されていますが、より語彙の定義がはっきりと示されているのでロングマンだけでは分からなければ是非オックスフォードも調べるようにしましょう。

5.Cambridge Dictionaries Online

dictionary.cambridge.org

ケンブリッジ英英辞典のオンライン版です。学習者向け、ビジネス向け、イギリス英語、アメリカ英語といった様々なバージョンの辞書が収録されています。

6.goo辞書

dictionary.goo.ne.jp

日本最大級の辞書サービスのgoo辞書です。実務で使える英和・和英辞典、発音の収録、最新の例文やコロケーション・慣用句を多数収録しているため、分からないことがあればまずはgoo辞書で調べてみることをおすすめします。