TOEIC730点突破勉強法

35歳からの独学で、半年間でTOEIC300→TOEIC950にスコアアップした管理人の勉強方法を発信します。 小手先のテクニックではなく、王道の勉強方法を紹介するため、TOEICの後の英語学習にも大いに役立つよう構成していきます。また、外資系企業に転職した体験談、仕事内容についても適宜触れていきたいと思います。

TOEIC対策にタイムマネジメントが重要な理由

f:id:syoshinsya_toeic730_oudou:20181120173529j:plain

TOEICテストの制限時間は全体で120分です。

リスニングパートで45分間。リーディングパートで75分間。

英検などの階級制の試験とは違い、TOEICはすべての受験者が同じ問題を解きます。

 

その為、初心者やTOEICの中級以下のレベルの受験者にとっては解けない問題があるのは当たり前です。

TOEIC初受験者やTOEIC600点以下の受験者の方にとっては、リーディングの最後の20問~30問は塗り絵(問題を見る時間も無いので解答だけ塗りつぶす)で済ませる方も多いのではないでしょうか。

最初のうちは構いませんが、スコアアップを最速で達成するためにはタイムマネジメントが非常に重要です。

 

目次

 

タイムマネジメントとは?

タイムマネジメントとは、その名の通り「時間を管理すること」です。

冒頭にも述べましたが、TOEICはリスニング45分間、リーディング75分間と決められています。

リスニングはCDから流れる音声に従って問題を解いていくので、勝手に時間は進んでいきます。

しかし問題はリーディングです。リーディングは75分間の所要時間の中で、Part5(短文穴埋め問題)、Part6(長文穴埋め問題)、Part7(長文読解問題)のすべてのパートを解き切らなければなりません。

リーディングについてすべて解き切るのにはおよそ以下のタイムで解くことがもとめられます。

  • Part5 10分
  • Part6 10分
  • Part7 54分

少しでも時間を短縮していくためには、常日頃時間を計りながら問題を解いていくことが必要です。

 

  • 制限時間内でどこまで解けたのか?
  • 制限時間内で解けなかった理由は?
  • 制限時間内で解き切るためには何が必要か?

上記の3点は常に意識するようにしてください。

 

▼関連記事はこちら

syoshinsyatoeic730oudou.hatenablog.com

 

タイムマネジメントの重要性

よくありがちなのが、TOEICの問題集を時間を計らずに解き始めるということです。

時間を気にせずゆっくりと自分のペースで解いていく。

およそ制限時間の倍近くかけてすべて解き終える。

まずこの方法で勉強を続けていくと、TOEIC600点の壁を越えてから伸び悩んでしまうでしょう。

遅く読むという行動をしているうちは、早くなることは絶対にありまえません。

例えていうと100m走の選手が、毎日の練習でジョギングしかしない、50mしか走らない。

早く読むためには早く読む訓練が必要です。

そのため、問題を解く場合は必ず制限時間内で解くということを必ずしてください。

いまの実力でどこまで解けたかを逐一記録し、時間を空けて同じ問題を繰り返し繰り返し解いていき、制限時間内で解き切る訓練をしてください。

訓練を続けていくことで、少しずつ読める量も、理解力も深まっていきます。

 

ビジネスで英語を使うために必要なマインド

ビジネスでバリバリ英語を使う人にとっては、タイムマネジメントは非常に重要なスキルになります。

TOEICに比べるとビジネス英語は感覚的には1.5倍~2倍近い速度の処理能力が求められます。

もちろん仕事でもあるので常に時間との勝負の世界です。

TOEICの試験時間にも期限があることと同様、仕事にも期限があります。

ましてや、会話となると即レスポンスが必要となることがほとんとです。

相手はこちらの回答をのんびり待ってくれないかもしれません。

英語の実社会に入り込むことはそれほど時間に厳しいということを頭に入れつつ試験対策をするようにしましょう。

 

まとめ

今回はTOEICいおけるタイムマネジメントの重要性についてお伝えしました。

自身で勉強する際に制限時間通りに解くということに恐怖を感じてしまうこともあるかとは思います。(点数が低かったらどうしよう、ゆっくり丁寧に解きたい・・・)

 

その気持ちは分からなくもないですが、TOEICのスコアを最短でアップさせるためには必ず時間を計って問題を解くことが必要です。

リーディングの制限時間75分間の間でPart7を最後まで(最後までとはいわず10問弱は塗り絵でもOK)解けるようになればTOEIC730点はおろか、800点越えも夢ではないでしょう。