TOEIC730点突破勉強法

35歳からの独学で、半年間でTOEIC300→TOEIC950にスコアアップした管理人の勉強方法を発信します。 小手先のテクニックではなく、王道の勉強方法を紹介するため、TOEICの後の英語学習にも大いに役立つよう構成していきます。また、外資系企業に転職した体験談、仕事内容についても適宜触れていきたいと思います。

高校生からのTOEIC入門

今回は高校生向けのTOEIC対策についてお伝えします。

そもそも高校生にTOEIC必要なの?と疑問に思う方も多いと思います。

高校生からTOEICを受験するメリット

直接的に必要になる人はあまり多くはないですが、大学入試時の出願要件となっている大学もいくつかあるようです。

一例をあげると以下の通り。(詳細は各大学の要綱をご参照ください)

www.iibc-global.org

有名大学でもTOEICスコアを利用しているところがありますね。

しかも、スコアも400点台~500点台ということもあり、お手頃なスコアですね。

英検2級レベルの英語力がある高校生なら是非チャレンジしてみる価値はあります。

 

一定のスコアを満たすと報奨金を出してくれる大学もあります。

報奨金一覧

大学 スコア 報奨金
目白 730 10万
大阪国際 850 10万
大阪成蹊 900 10万
明海 720 69万
江戸川 900 110万
川村学園女子 850 358万

なんと川村学園女子大学に至っては、850点以上のスコアを取得すると4年間の学費が免除になるそうです。すごいですね。

 

また、大学の英語の授業の単位認定をTOEICスコアで行うところもありますので早いうちに対策しておくメリットは大いにあります。

 

逆にいうと外国語系の学部だと、TOEICTOEFLの基準スコアを取らないと単位認定されずに留年というところもあるようなので、事前に公式サイトやシラバス等で確認しておきましょう。

高校生のTOEIC対策方法

まず一番大きなネックになるのが、TOEICが「ビジネスシーン」を主体とした試験構成になっていることでしょう。

 

「契約の締結」「会議時間の調整」「飛行機の遅延」「お別れ会の運営方法」「新商品の広告」等、ある程度は推測がつくものの、高校生には日常的になじみの無いテーマがたくさんでてきます。

 

また、TOEICに出題される単語と、高校の授業で習う単語にもベクトルが違うものもあるので、TOEIC用の出題単語を記憶しなくてはなりません。

 

その点、部活や受験勉強で忙しい高校生のみなさんにとってはそこまでして時間を割く必要のある試験であるかどうかは各個人のご判断になるとは思います。

 

しかし、どのような試験なのか、高校生としてどのような視点で今後TOEIC試験に向き合わなければいけないか等を事前に把握しておくことは今後のためにも大きな強みになりますし、少しでも不安を取り除くことができればそれだけで今後の人生を大きく左右するきっかけになるかもしれません。

 

そこで今回ご紹介したいのは以下の書籍です。

高校生からのTOEIC® L&Rテスト入門

高校生からのTOEIC® L&Rテスト入門

 

TOEIC受験界のカリスマ、濱崎先生が高校生のために執筆されたものになります。

 

高校生がはじめてTOEICを受けるにあたって頭に入れておくべきことを、160頁に凝縮されて書かれています。

 

基礎の基礎から解答テクニックや問題の傾向、学習法を教えてくれるので、これだけマスターすればTOEICスコア600点以上も狙えることでしょう。

 

英単語、ボキャブラリーについては別途対策が必要ですので、同著の濱崎先生のプラチナボキャブラリーを併せて使うことをおすすめします。

syoshinsyatoeic730oudou.hatenablog.com

 こちらも完璧にこなせるようになれば、スコア600どころか800以上も狙える視野になると思います。

 

それでもなかなか忙しくて時間が取れないという高校生には、マンガで学ぶTOEICという書籍もおすすめします。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

syoshinsyatoeic730oudou.hatenablog.com

 

まとめ

今回は高校生向けのTOEIC対策についてお話しました。

 

高校時代にTOEICが絶対に必須になる、ということはまずありえないとは思いますが

大学受験や大学入学後に必要となってくるケースがほとんどです。

 

また、大学3年時を過ぎる頃になると就職活動を始める時期になります。

就職活動での資格アピールでTOEICは非常に有効な武器になります。

 

極端な話、出身大学の偏差値が低くて足切りが多くても、TOEICのスコアが高ければそれだけで就職活動が有利に進められることさえあります。

 

情報化社会になりグローバル人材がこれから重宝されていく時代がやってきます。

 

行動は早め早めにとることに越したことはないので、是非この機会にTOEICに興味を持ち、一度は受験してみることを大いにお勧めしたいと思います