TOEIC730点突破勉強法

35歳からの独学で、半年間でTOEIC300→TOEIC950にスコアアップした管理人の勉強方法を発信します。 小手先のテクニックではなく、王道の勉強方法を紹介するため、TOEICの後の英語学習にも大いに役立つよう構成していきます。また、外資系企業に転職した体験談、仕事内容についても適宜触れていきたいと思います。

TOEIC対策英単語 初心者から上級者までおすすめの5選

f:id:syoshinsya_toeic730_oudou:20181029103432j:plain

今回はTOEIC対策用の英単語集でおすすめの本を5冊紹介します。

どれも初級から上級者まで対応している本です。どれもそれぞれ長所を兼ね備えていますので、是非参考にしてみてください。

TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ

本ブログにも何度も登場していますが、 おすすめの1冊になります。TOEIC500前後のスコアを取っている人を対象にしているため、不安のある人は銀のフレーズからはじめましょう。

金のフレーズは、頻出表現を網羅しており、7語以内の例文で収録されているため、そのまま覚えてしまいましょう。

 TOEIC L&Rテスト 本番そのまま プラチナボキャブラリー

TOEIC(R)L&Rテスト 本番そのまま プラチナボキャブラリー

TOEIC(R)L&Rテスト 本番そのまま プラチナボキャブラリー

 

こちらは、Part1からPart7までの問題文の英文を左側紙面に、それに含まれる頻出単語を右側紙面に解説しています。

よくでる場面やトピックを題材にしているため、この1冊だけをひたすら音読するだけでも相当なスコアアップが期待されます。

また、WEB上で本書に記載のある英文をベースにした、問題集が426問分無料でDLできる手厚いサービスもあります。プリントアウトして何度も繰り返し解いて活きた英語を身につけましょう。

 TOEIC L&Rテスト 基本単語帳

TOEIC(R) L&Rテスト 基本単語帳

TOEIC(R) L&Rテスト 基本単語帳

  • 作者: 加藤草平,ロス・タロック,中村信子,工藤郁子,石橋敦子,小野彰子,浅場眞紀子,研究社編集部
  • 出版社/メーカー: 研究社
  • 発売日: 2018/06/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

こちらは2018年6月に出版された最新の単語集です。基本単語とは言え、初級から上級までの頻出単語を網羅しております。300頁超のボリュームに加え、音声データが22時間分もあり桁外れのボリュームで、多方面からの記憶定着をコンセプトにしています。音声フォルダ構成については、以下の通りとなっております。

フォルダー1 見出し語 英語のみ 約55分
フォルダー2 例文 英語のみ 約57分
フォルダー3 例文 英語のみ10 回連続再生 約9.5時間
フォルダー4 例文の英→日 約114分
フォルダー5 例文の日→英 約113分
フォルダー6 例文の日→英(日本語と英語の間に瞬間英作文用のポーズ) 約3.1時間
フォルダー7 見出し語の英→日 約113分
フォルダー8 見出し語の日→英 約113分

世界一わかりやすい TOEICテストの英単語

世界一わかりやすい TOEICテストの英単語

世界一わかりやすい TOEICテストの英単語

 

本書はスタディサプリの講師でお馴染みの関先生の渾身の一作です。

「丸暗記に頼らない」をコンセプトをとした単語集のため、語源や絵柄を使って1単語ずつ丁寧に説明がなされています。

特に文章だけの理解が苦手な人にはおすすめの一冊になります。

TOEIC L&R TEST 英単語スピードマスター

TOEIC(R)L&R TEST英単語スピードマスター

TOEIC(R)L&R TEST英単語スピードマスター

 

書店に行くとベストセラーランキングに載っているのを見かけるかたも多いのではないでしょうか。昔から定評のあるスピードマスターが2018年に改訂され、新形式に合わせてよりパワーアップしております。

「ビジネス語」「生活語」など、50の分野別にカテゴライズされているため、効率よく記憶することができます。

まとめ

今回はTOEIC頻出の英単語集のおすすめ5選を紹介させていただきました。

日々TOEIC本試験もビジネスシーンに合わせて変化していっています。

それに併せて掲載される単語も変わってくるため、単語集を選ぶポイントは

  • 著者自身が最新のTOEIC傾向を分析しているか
  • 書籍も都度改訂されているか

が重要です。TOEICを1回しか受けていない著者が書いた本より、TOEICを毎回受けて満点を何十回も連発している著者が書いた本のほうが説得力がありますよね。

また、出版社も、コスト増を抑えるため、古い版を出し続けてるところもあるため、

最新版にあったものかどうかをきちんと調べてから購入するようにしましょう。