TOEIC730点突破勉強法

35歳からの独学で、半年間でTOEIC300→TOEIC950にスコアアップした管理人の勉強方法を発信します。 小手先のテクニックではなく、王道の勉強方法を紹介するため、TOEICの後の英語学習にも大いに役立つよう構成していきます。また、外資系企業に転職した体験談、仕事内容についても適宜触れていきたいと思います。

TOEIC英単語対策は金フレを使おう

TOEICに限らず、語学学習に必須となるものが「英単語」です。

今回は王道の金フレ、銀フレシリーズの勉強法を紹介したいと思います。

f:id:syoshinsya_toeic730_oudou:20181112225435j:plain

 

目次

TOEIC学習に必要なものとは?

まず、TOEIC学習に必要なものとは何でしょうか。

大きく分けると以下の3つに集約されると思います。

  • 英単語

  • 英文法

  • 読解、リスニング力

よく、英単語は文章で学べとか言われることがあると思いますが確かにそれも一理あります。

 

ただ、短い限られた時間の中で結果を出すのであれば、まずは英単語を効率よく学ぶことが最速の攻略法となります。

 

まったくの知識がない中でいきなりTOEIC模試を解いたりするのは無謀かつ、自信を失いかねません。実際私はそうでした。

なので声を大にしていいます。

まずは英単語から手をつけるべし!!

はい、そうなんです。学習をずっと続けていくとわかると思いますが、つまるところ最終的には単語力がものをいいます。

 

単語が分かればある程度の点数はとれます。

あとは文法で基礎固めし、問題集を解いていけばあれよあれよという間に点数が上がっていきます。

なので、まずTOEIC受験しようとしてる人は英単語帳の購入をおすすめします。

 

おすすめの単語帳

一番のおすすめの参考書は、TOEICを受験するのであれば必須の

「金のフレーズ(略して金フレ)に手をつけましょう。

 

金のフレーズ(金フレ)の想定読者層は、TOEIC500点レベルを対象にしています。

英検でいうと2級レベルくらいですね。

金フレの「はじめに」のページにも記載されています。

 

単語力に自信のない方や、自分のレベルが分からない方は

朝日新聞出版社のTOEIC基本単語200の単語リストをご覧ください。

半分以上分からない単語があるようであれば、基本単語に不安があるので、いきなり金フレからではなく、「銀のフレーズ(銀フレ)」からやることをお勧めします。

 

①TOEIC500点以上 

②TOEIC500点未満

TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

 

 

金フレと銀フレの良い点  

これらの単語帳の良いところは大きく5点あります

  1. TOEICでる単語のみに限定されている
  2. 例文フレーズが7語以内なので覚えやすい
  3. TOEICパート毎に頻出な表現がまとめられている
  4. Abceedという会社からアプリ版もあるので併用すると効率UP
  5. ベストセラーがゆえ、たくさんの利用者がいるので情報収集、モチベーションアップにつながる

 

基本的な使い方は、見出し語の1000語を音声を聞きながら声に出して暗唱していくのが

よいです。

ただし、毎日10単語を続けるというよりも、一日200単語を毎日続けることを1か月~2か月繰り返すほうが圧倒的に定着します。

 

エビングハウス忘却曲線というのを聞いたことありますか?

 

人間の記憶はあいまいなもので、1~2度しか目にしていないものは短期記憶としてすぐに忘れてしまう性質があります。

しかし、記憶が抜け落ちそうなタイミングで復習することで記憶力が定着していくという法則です。

 

英単語は、とにかく繰り返し繰り返し回していき、何度も同じ単語に出会うことで定着率がアップしていきますので、最初のうちはつらいですがへこたれずに何度も何度も繰り返してください。

これは頭の良し悪しの問題ではなく、やる気と根気の問題です。

 

学習メニュー

おすすめの学習メニューは以下の通りです。単語帳1冊を一週間で終わるように組んでます。

 

1日目 1~200単語

2日目 1~200単語をざっくり復習、201~400単語

3日目 201~400単語をざっくり復習、401~600単語

4日目 401~600単語をざっくり復習、601~800単語

5日目 601~800単語をざっくり復習、801~1000単語

6日目 1~500単語を復習

7日目 501~1000単語を復習

 

これで1周回ったことになります。翌週はもう一度1日目からのメニューを繰り返します。

このように、ぐるぐると単語帳を回していってください。

 

ちなみに、一冊をすべて音読すると、大体2時間弱かかります。

 

何回も繰り返すうちにどんどん時間も短縮されていきますし、覚える単語も増えてくるので楽しくなってきます。

 

ちなみに銀フレと金フレは、重複している単語も多数あります。

 

それだけ重要ということで載せられることと思います。

 

例文は違うので、これまた違う観点で記憶に定着するのでとてもよいと思います。

大体5周(1カ月強)くらいまわすと、ほとんどの単語を覚えることができます。

 

派生語(右側に載っている単語類)についてはこの段階ではさらりと目を通すだけでよいのでまずは基本の見出し単語を覚えることだけに集中してください。

 

このあとは、英文法やTOEICに特化したトレーニングに移っていって構いませんが、

 

英単語の学習自体は継続的に行うことをお勧めします。

 

毎日とはいわず、1週間後に1冊復習、2週間後に1冊復習、1か月後に1冊復習、3か月後に1冊復習と、どんどんスパンを長くしていってください。

 

もちろん、TOEICの文法や問題集解いていく中で、金フレ、銀フレで出てきた単語がたくさん登場してくるので脳にみっちりと定着していきます。

 

この段階にくるとTOEICの勉強が楽しくなってくる時期なので一気にブレークスルーする人も多いかと思います。

単語力は本当に肝です。

 

金フレまで覚えれば、730点超えはもちろん、900超えも可能ですが、出版業界もあの手この手でクオリティの高い単語帳を出版してきていますので、またの機会でいろいろとご紹介できたらと思います。

 

まとめ

TOEICの受験を初めてする方、何からはじめていいかわからない方は、まずは

銀のフレーズ、金のフレーズを購入してください。

英語に対する考えががらっと変わりますし、なにより勉強することが楽しくなってきます。