TOEIC730点突破勉強法

35歳からの独学で、半年間でTOEIC300→TOEIC950にスコアアップした管理人の勉強方法を発信します。 小手先のテクニックではなく、王道の勉強方法を紹介するため、TOEICの後の英語学習にも大いに役立つよう構成していきます。また、外資系企業に転職した体験談、仕事内容についても適宜触れていきたいと思います。

TOEICとは?

そもそもTOEICとは何者なのでしょうか。

TOEICの正式名称はTest Of English for International Communication、要するに英語を母国語にしない人を対象にした英語によるコミュニケーション能力を検定する為の試験です。

 

f:id:syoshinsya_toeic730_oudou:20181021193342j:plain

 

目次

試験概要

試験の運営団体は、アメリカのETSという非営利団体が行っています。TOEFLなども主催しています。

試験構成は

  •  聞き取り(Listening)100問
  •  読み取り(Reading)100問

の合計200問となっています。

点数は、それぞれ5点から495点までの5点刻みで行われ、合計は10点から990点までとなります。

 

日本では年間10回試験が実施され、受験料は5,725円です。

受験資格に制限はありません。

 

実は、SpeakingとWritingの試験もありますが、企業で必要とされることはほぼないので上記のListening、Readingのみに注力すれば問題ないでしょう。

 

求められるスコア

では、どれくらいのスコアが必要となるのでしょうか?

楽天では入社時に800点が必須ということは有名ですね。

以下に点数レンジをまとめてみました。

 

あくまでも、ノンネイティブで普通に日本で生活してきた人を対象にしてみます。

おそらくこのような結果になるのが多いのではないでしょうか。実際私の周りのメンバーもこの傾向があります。

  • 200点台~400点台=中高で英語が苦手だった人
  • 500点台=中高である程度英語は勉強してきた人(英検2級レベル)
  • 600点台=中高で英語が得意で、TOEICの対策をし始めた人。
  • 700点台~900点台=TOEIC対策の勉強をしたそれなりにした人

私の経験談からいくと、まずは730点が一つの目標点になると思います。

なぜかというと、企業の入社条件、昇進条件、海外赴任条件は600点から700点が圧倒的に多いからです。

また、ETSが公表しているスコアレベルは

  • A 860点~   Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる
  • B 730点~855点 どんな状況でも適切なコミュニケーションができる
  • C 470点~725点 日常生活に必要な限定的なコミュニケーションができ
  • D 220点~465点 通常会話で最低限のコミュニケーションができる
  • E ~215点   コミュニケーションができるまでに至っていない

となっております。その中でBランクのスタートが730点です。

ここをターゲットにしている企業が非常に多いです。

ちなみに私が転職で中途入社した外資系の会社の社員は、Dランクの人結構いました笑

 

E~Dランクの人でも、正しい勉強法で時間をかければ730点には余裕で到達できるレベルです。なのでこのブログでもまずはこの点数を目標にすることにしました。

もちろん、それ以上の点数を求めらる場合もありますが、そもそも730点を到達できた方であれば、あとは自身の勉強方法でそのまま継続していけば900点突破もあとは時間の問題となるでしょう。これも私が実証しているので間違いありません。

 

まとめ

あくまでもTOEICはビジネスに限定した、コミュニケーション力、処理能力を試したテストです。正直な話、いくらTOEICで満点が取れたからといって、流ちょうに英語が話せるわけではありません。英会話をしゃべるためには英会話特有の訓練が必要です。スポーツと同じですね。

 

ただ、TOEICは問題のクオリティが非常に高く、時代のトレンドに合わせて問題形式も変更してくれるので、まずはTOEICで英語の基礎力をつけて、はずみをつけて次は英会話、英検、TOEFL、IELTS、国連英検などに挑戦していくのにはうってつけの試験になるのではないでしょうか。

 

 正直、ビジネスライクな話ばかりなので最初のうちは飽きてくる場合があるとは思いますが、点数があがってくると次第にやみつきになってしまうのもこの試験の特徴。

ちまたではTOEICer(トイッカー)と呼ばれる、TOEIC大好きな人たちもおり、毎回受験するようなファンが多い試験でもあります(笑)

私もそこまでではないですが、TOEIC950点を超えた今でも、英語力維持のため、年間5回は受けるようにしています。

 

長くなりましたが、次回からは実際にTOEICを受験するにあたってなにからはじめたらいいかを具体的に記事にしていきたいと思います。

 

オンライン講座と書籍のセット商品【誰でも簡単!ビジネス英語】